www. hope- hope- hope. work

hope

www. hope- hope- hope. work

豆皿サイズのひな飾り

hina-image1

有田・渓山窯さんの「豆皿サイズのひな飾り」の商品開発のお手伝いをさせていただきました。

 

家で過ごす時間が増えたからこそ、出来るだけ丁寧な暮らしというものを意識したい。あわただしく過ぎていく日常の中にも、四季の移り変わりを感じられるような「季節ごとの飾りつけ(しつらえ)」が、きちんと出来ているお家を見ると、素敵だなと感じます。(わたしも昨年末自宅の玄関に、いそいそと飾り棚を設置しました。)

 

以前、渓山窯さんで打ち合わせをしていた際に目に留まったひな飾り。(年中ひな飾りが店頭に出ているのもいかがなものかと思うが、スルーします。)どうにも可能性しか感じなかったので、時間がなかったのですが商品開発を進めることに。イメージとしては、小ぶりで場所を取らずにインテリアとも馴染むようなサイズ感であること。そして、ほっこりとするような可愛らしいデザインであること。

 

そんなイメージを叶えてくれたのが、佐賀県在住のイラストレーター・julioさん。なんと、渓山窯現社長・篠原さんの高校の同級生。(有田工業・セラミック科)当時、佐賀市内から1時間以上かけて有田まで通学していたjulioさんにとって有田という町は、何もかもが別世界で、芸術の街にいる地元のクラスメイトや同級生からはとても刺激を受けたそう。なかでも「一緒に課題をしよう!」と、julioさんが篠原さんの家(渓山窯)に遊びに行った際、いかにも高級であろう立派な絵付けがされたお皿を、篠原さんがパレット代わりに使用していた姿は、それはもう衝撃でしかなかったそうです。(笑)

 

そんな懐かしいエピソードもありつつ実現したコラボレーションですが、とてもご好評いただき初回制作分は即完売。julioさんの根強いファンの方が何人も有田まで足を運んでくださったそうです。ネットで何でも買える時代ですが、ひとつひとつ表情の違うひな飾りを実際に手に取って選んでくださったと思うと本当に嬉しくてなりません。

 

渓山窯から旅立ったひな飾り達が、また来年もみなさんのお家の一角に、小さくてあたたかなあかりを灯しますように。

 

〔豆皿サイズのひな飾り〕-以下リリース文-

女の子の健やかな成長と健康を願う桃の節句の行事「ひな祭り」。 ひな人形は娘の厄を引き受けるとされているため、災いがふりかからず、美しく成長して幸せな人生を送れるようにという願いを込めて飾ります。

渓山窯は、ご家庭にすっと馴染むような「豆皿サイズのひな飾り」をお作りいたしました。有田焼ならではの透き通るような白い地肌に色鮮やかな染付は、小ぶりながらも繊細で華やかさもあり、ぱっと柔らかい光をともしてくれるようです。思わずほっこりしてしまう可愛らしいデザインは、佐賀県在住のイラストレーター・julio氏によるもの。

玄関やリビングなどにインテリアとして飾れて、収納時も場所を取らないひな飾りは、 付属の赤い毛氈のかわりに豆皿の上に乗せるとがらりと印象が変わります。その年ごとに自由な組み合わせでコーディネートするのもおすすめです。

https://www.keizan-shop.com/SHOP/mame-hina.html

hina-image2写真:水田秀樹