www. hope- hope- hope. work

hope

www. hope- hope- hope. work

大村とニチデ

 

14年前、日本デザイナー学院(ニチデ)に入学して卒業するまでの2年間、グラフィックデザインについて学んできました。その後、デザイン事務所で仕事をするようになり専門学校の2年間で学んだことを活かすことも多少ありましたが、ほとんどが新しく学びなおすことばかりでした。
 .
一番の大きな学びは「他の職業のプロと一緒に仕事をすること」でした。
絵が描けなくて、写真が撮れなくて、ヘアメイクやファッションのことを知らなくて、コピーも書けない。でも、いい作品を作りたい。だから、その道のプロと一緒に作ることを学びました。
そのためにはその道の専門的な知識も持っておかなければならないことも、自分の頭の中をどう相手に伝えなくてはいけないかも学びました。
 .
今、ニチデのグラフィックデザイン科を教えていて、当時の僕と同じように、自分のため課題を自分一人で作っている生徒に少しでも早くから「一緒に作る」「相手のために作る」ことを学んでもらいたくて、大村美容ファッション専門学校のOGである相方・松尾と一緒にコラボ企画を始めました。
img_1261
img_1266

img_1280

img_1272

img_1282

2月に開催される大村の「卒業制作発表会」でもあるファッションショーのために制作している自身のブランドのロゴマークとビジュアルを、ニチデのグラフィックデザイン科の生徒が担当するという内容です。

 ニチデの生徒には、初めて出会う相手のためにデザインする責任感と達成感を、大村の生徒には、グラフィックデザイナーと一緒に作るという感覚を身につけてもらえたらと思っています。
先日、大村にて各生徒のブランド企画発表会と打ち合わせを行ってきましたが、お互い楽しそうに話し合っている様子を見てまずはホッとしました。どんな素敵なロゴマークが出てくるか。2月のファッションショーが楽しみです!
.
突然の申し出にもかかわらず快諾していただいた大村の先生方に感謝です。ありがとうございます。この機会だけでなくこの中のコンビが世界に羽ばたいてくれたら嬉しいです。
 .
ニチデの生徒よ、ここまで自由にやらせてくれるのは
当たり前じゃねぇからな!(加藤浩次風)